MENU

エキサイトフレンズは出会い系?ユーザーの口コミ評判を調べてみた

エキサイトフレンズは1999年に友達探しコミュニティとして運営を開始したサイトであり、累計会員数は490万人以上と最大級のコミュニティサイトです。長く運営をしていることもあり、安心して使うことが出来ます。アメブロなどと並ぶ無料ブログサービスとしても有名。

 

友達探しコミュニティサイトではありますが、異性と出会うために使っている人も少なくありません。
でも趣味友達を見つけたりなどでも人気があることは間違いありません。

 

エキサイト

 

コミュニティサイトだから誰でも登録出来るのかと言うとそうではなく、18歳未満は使うことが出来ないので、出会い系代わりにしている人も多いです。

 

エキサイトフレンズの料金について

登録は男女共に無料ですが、有料会員になる男女共に料金がかかります。
また制限はあるものの、無料で使うことも出来ます。

 

エキサイトフレンズは他の定額制の出会い系とは違い、月額324円とかなり安くて良心的に設定されています。

 

エキサイトフレンズにはコースがあり、ミニメコースであれば上記の月額324円で使えますが、他のコースは料金がことなるので、そちらの料金も紹介しておきます。

 

スタンダードコース:月額648円、相性診断コースは月額216円に設定
スタンダードコースであれば、自由にメールが送れるのでこだわりが無ければスタンダードコースにするといいと思います。

 

女性は多くの男性からメールをもらっていて、メールボックスがいっぱいになっている人が多いです。
そうなるとメールが送れなくなってしまうので、それはマイナス点だと思います。

 

エキサイトフレンズのユーザーについて

エキサイトフレンズのユーザーの年齢層は少し高めで、男女共に40代のユーザーが多く、その次に多いのが30代です。

 

20代はほとんどいないので、若いこと出会いたいという人には向いていないと思いますが、30代以上の人と出会いたいという人には向いていると思うので、自分がどの年代との出会いを求めているかが決めるといいでしょう。

 

悪質なユーザーについて

悪質なユーザーいついて気になると思うので簡単に説明しますが、サクラはいないので安心してください。

 

でも他の出会い系と同様に業者はいますし、その数は多いので注意しながら使うことをオススメします。
ただし業者だと思った相手は通報すれば排除してくれるので、怪しい相手は通報していくといいと思います。

 

エキサイトフレンズのコースについて

先ほども説明したいようにエキサイトフレンズにはコースがあるので、コース別で何が違うのか違いを見ていきましょう。

 

「無料コース」

 

・自己PR投稿、名刺
・サークルの作成や閲覧
・ミニメの受信or返信
・自分の性格診断
・他の人との相性(%)

 

無料コースだと上記のことが来ます。
無料コースでもメールを返信出来るのがプラス部分だと思います。

 

自分からメールを送信するのは無理ですが、返信できるのに無料というのはすごいと思います。
またサークルを作成したり閲覧も無料で出来るので、友達探し程度であれば無料で十分楽しむことが出来ると思います。

 

「ミニメコース」

友達探しではなく異性と出会いたいと思う人は、ミニメコースやスタンダードコースが必要だと思います。

 

ミニメコースになると、気になる相手にミニメを送信することが出来るようになります。
なので、気になる相手には自分からアピールしていきましょう。

 

ポイント制の出会い系だと1通送信するのに50〜70円かかってしまう物の、エキサイトフレンズのミニメコースであれば324円でメールし放題なので、お得なので料金を気にすることなく出会いを求めやすいと思います。

 

「スタンダードコース」

スタンダードコースはミニメよりも上のコースだと思っておくとわかりやすいと思います。

 

ミニメの送信はもちろんですが、他にも色々な機能を楽しむことが出来ます。

 

・フォト広場見放題
・写真送信機能
・既読回避機能
・足跡閲覧無制限
・足跡削除上限引き上げ
・ステータス検索機能
・ミニメ検索機能
・ミニメ下書き機能
・サークル掲示板非公開機能
・イイね上限引き上げ

 

このようにさまざまな機能を楽しむことが出来るので、色々な機能を使いながら出会いを求めたいという人は、スタンダードコースにするといいと思います。

 

この中でもフォト広場見放題は、特に魅力的です!
他のコースだと写真を見るのに30円かかるのが、見放題になるのですごくお得なのは言うまでもありません。

 

「相性寝台コース」

相性診断コースは月200円支払うと入ることが出来ます。

 

このコースは、「素質適応理論」と言う方法を使って、相性診断占いが出来るんです。
的中率が8%以上と高く、占い好きな人には嬉しい機能ではないでしょうか。

 

占いなどを信じない人にはいらないコースかもしれませんが、占いが好きという人は試してみてもいいと思います。

 

口コミについて

エキサイトフレンズは運営歴が長いこともあり、いいと思う人もいれば良くないという意見もあるので、どのような口コミがあるのか少しだけ紹介します。

 

〜いい口コミ〜
・趣味の合う友達が出来た
・素人女性がたくさんいるし、趣味友もできた
・サクラがいなくて使いやすい

 

〜悪い口コミ〜
・業者に遭遇した
・写メ詐欺が多い
・出会えない

 

コミュニティサイトなので趣味が合う友達が出来たという人が多く見受けられますし、サクラもいなくて使いやすいという意見もあるので、安心して使うことが出来ると言えるでしょう。

 

でも業者に誘導されそうになったり、写メ詐欺に遭ったという人も少しはいますね!
実物より良く見せたいというのは見栄があるので仕方がないと思うので、見極めるしかありませんね・・・

 

コミュニティサイトなので、出会いを求めている人はなかなか出会えないかもしれないので、出会いを求めるなら大手の有名な出会い系を使った方が出会いやすいと思うのでそっちを使うといいと思います。

 

退会はしっかり出来る?

結論を先に言うと、エキサイトフレンズはしっかり退会することが出来るので安心してください。
退会方法は簡単で下の部分にある「フレンズの退会」が退会フォームで、そこで退会ボタンを押すだけでいいんです。

 

退会する時にアンケートを求められますが、適当に選んでクリックすれば済むので大丈夫です。

 

退会料金は一切かかりませんが、退会するとポイントが無くなるので注意してください。

 

エキサイトフレンズの攻略法

エキサイトフレンズを上手く使っていくために攻略法を少しだけ紹介しておくので是非チェックしてみてください。

 

  1. サークルを上手く活用する
  2. イイねを上手く活用する
  3. 既読回避モード使う

 

サークルを上手く活用する

エキサイトフレンズには、サークルがあります。

 

どんなものか簡単に言うと、掲示板に近いと考えるとわかりやすいと思います。
サークルは誰でも自由に作れたり、参加出来ます。

 

サークル

 

どんなサークルでも作れますが、例えば「ドライブ好きな人集合!」なんていうサークルを作れば、同じ趣味の人が参加してくれるので、同じ趣味の相手を見つけやすいですし、そこから出会いに発展するかもしれません。

 

サークルには是非参加してみ下さい!オフ会など楽しむことで新しい人との出会いが期待できます!

 

これを上手く活用すれば、効率よく使えると思うので是非試してみてください。

 

サークルによっては、オフ会をするサークルもあるようなので、気になる女性に合う手段として活用するのもアリだと思います。

 

イイねを上手く活用する

気になるユーザーに対していいねを送ると相手は喜びますし、あなたの存在にも気付いてくれます。
自分が選ぶコースによって、いいね出来る1日の回数が異なりますが、上手く使っていくと効率よく使えるので、是非活用していきましょう。

 

 

既読回避モード使う

この機能は、既読回避モードをオンにすると、相手から届いたメールに既読をつけずに内容をチェックすることが出来ます。

 

すぐに返信するのが面倒とか、少し気になるけど既読にしたく無いという人は、この機能を活用するといいでしょう。
既読がついたのに返信がないと相手が不快に感じてしまう可能性もあるので、それを防ぐことも出来るので便利だと思います。

 

ですが、この機能はスタンダードコースにした人だけに関わる話です!

 

 

エキサイトフレンズのまとめ

以上がエキサイトフレンズのです。

 

コミュニティサイトなので出会いと言うよりは、趣味友を見つける方が適していると思いますが、全く出会えないという訳ではないので、「趣味友を見つけながら出会えたらいいな」程度に考えておくといいかもしれません。

 

またコースも色々あり、コース別で出来ることも紹介しておいたので自分が使いたい物を選んで使うようにしてみてください。

 

業者は少しいますが、他の出会い系よりも少ないですしサクラもいないので、安心して使えますし、使いやすいと思います。
活用出来るものはドンドン活用していくと効率がいいと思うので、是非試してみてほしいと思います。

 

なんと言っても他の定額制よりも安く使えるというのが魅力的でもあるので、これらを見て気になる人は是非使ってみてはいかがでしょうか。

メニュー

このページの先頭へ