MENU

相手から返事が来たらセカンドメールで攻める戦略を紹介

マッチングサイトでは、ファーストメールがすごく重要なのは間違いないが、出会いに繋げていくにはセカンドメール以降も重要になっていく。
ファーストメールの返信が来たからと言って、気を抜いてやり取りをしていると女性が不満に感じメールが途絶えてしまう可能性が高いから、セカンドメール以降も気を抜かずにやり取りしていったほうがいい。
では、セカンドメール以降がどれくらい重要なのか、どのようにやり取りしていけばいいのか下記にまとめていく。

 

どうしてセカンドメールが重要なのか?

マッチングサイトでファーストメールの返信が来ないとやり取りすら始められないから重要なことはみんな知っていると思うが、返信が来たからと言って気を抜くと、メールが続かなくなり結果なかなか出会えないと悩みを持つ人が多い。

 

ラブメール

 

でも男はポイントを使ってメールをしているのに気を抜いたせいでメールが途絶えてしまうとポイントが無駄になるから、女性が返信したくなるような内容をしっかり考えて返信するようにしよう。

 

セカンドメール以降も気を抜かずに上手くやり取りしていけば、それだけで出会いの確率があがるので、しっかり返信するように意識しよう。

 

セカンドメールの上手な書き方について

メールの返信が来ても何を書くと良いのかわからないと悩む人が多いと思うので、上手い書き方をいくつか紹介していこう。

 

女性があなたとやり取りをしていて楽しいと感じてもらうことが出来れば、「この人と会ってみたいかも」とも思ってくれるようになるから、言葉遣いや内容に注意しながら返信していこう。

 

・敬語を使う
・文章の長さは相手に合わせる
・相手を知るために質問する
・自分を知ってもらう
・共感する
・簡潔にまとめて読みやすくする
・絵文字や顔文字を適度に使う(使い過ぎはダメ)

 

■敬語を使う
これはマッチングサイトで女性とやり取りするなら必ずしなくてはけないこと!

 

初めからタメ口を使うと「何この人!馴れ馴れしい」と思われ印象が悪くなるから、初めのうちは必ず敬語を使ってやり取りしよう。
でも、ずっと敬語を使うと逆に出会いを逃がすことになるから、徐々にタメ口に変えていくのがポイント!
ずっと敬語を使っていると女性が堅苦しく感じるから、話が盛り上がり始めたら徐々に変えていってみよう。

 

 

■文章の長さは相手に合わせる
文章の長さは人それぞれで違うから、やり取りをしている女性に合わせるのが1番!

 

長文を好む人には、長文で返信をして、短文を好む人であれば短文で返信するようにすると女性が不満に感じずに済むので、試してみてほしいと思う。
逆に長文の人に短文で返信すると「今日いないのかな?」と感じさせてしまい、短文の人に長文で返してしまうと「返信が面倒」と思われてしまうので気をつけてやり取りしよう。

 

また長文と言っても何が言いたいのかわからない文章をダラダラ書いていると返信が途絶える原因になるので、相手がわかりやすいようにまとめて返信しよう。

 

 

■相手を知るために質問する
ファーストメールが来やすいように相手のプロフィールの内容から返信しやすい質問をしていると思う。

 

それはセカンドメール以降でも言えることで、相手のことを知るためにも質問をしよう。
でも注意点として、質問攻めにならないようにすることが重要!

 

例えば
「パンケーキ好きなんですか?」
「オススメのパンケーキ屋さんってどこですか?」

 

スマホ喜ぶ女性

 

というように1通のメールに対していくつも質問をしてしまうと女性は答えることに疲れてしまい返信してくれなくなるから、質問をするとしても必ず1通に1つの質問をするようにしよう。

 

また話の流れ止めてしまうと女性がつまらないと感じる可能性があるので、話の流れを大事にしながら質問出来ることがあれば、相手のことを知るために質問をしてくと出会いに繋がっていくから、流れを見ながら質問していこう。

 

また質問をするとほとんどの女性が答えて返信してくれるから、その答えに対してあなたも何か反応するようにしよう。
女性が答えてくれているのに、それに対して何も反応しないと女性は不快になってしまうし、やり取りを続けたくなくなる可能性もあるので、必ず何かした反応するようにしよう。

 

またそこから話を広げていくとメールを続けていきやすくなるので、しっかり反応した方がいい。

 

 

■自分を知ってもらう
出会いに繋げるためには、女性に自分のことを知ってもらうことが重要だから、しっかりアピールしていった方がいい。

 

女性があなたに興味を持ってくれるようになると、女性からもあなたに質問をしてくるようになるから、こうなると出会いに繋がりやすいと言える。

 

でもアピールするのが大事だからと言って、自分の話ばかりするのは間違えだから勘違いしないでほしい。
自分の話ばかりすると女性が引いてしまうし、つまらないと感じて返信が途絶えるから、女性にもしっかり話をさせてあげつつ、上手くアピールしていこう。

 

行動力

 

人は共通点があるとその人に興味を持ちやすくなり、親近感もわくので話が盛り上がりやすくなるので、積極的にアピールしていった方がいい。

 

例えば映画鑑賞が趣味の場合
「俺も映画鑑賞が趣味なんですよ^^〇〇さんは、普段何系の映画見ているんですか?」
という感じで、趣味が同じであることをアピールすると、その話題から話が広がっていく。

 

 

■共感する
女性は自分の意見に対して共感してほしいと思っているから、否定するようなことを言わないように気をつけ、必ず共感してあげよう。女性は共感してくれる=自分の味方 という解釈をして印象アップを狙えます!

 

否定されたり、説教されると女性はやり取りする気が失せて返信してくれなくなるから要注意!
少し理解できないことがあるかもしれないけど、頭が無しに否定しないで理解してあげようとしたほうがいい。

 

■簡潔にまとめて読みやすくする
自分のことを知ってもらいたくてダラダラ長文になってしまう人がいるけど、要点がわからないと女性は読むが面倒になって返信してくれなくなるから、簡潔にまとめて女性が読みやすい文章になるように心がけよう。

 

自分が伝えたいことがしっかり伝えられるように、しっかりわかりやすくまとめよう。

 

 

■絵文字や顔文字を適度に使う(使い過ぎはダメ)
絵文字や顔文字が全くないメールは「素っ気ない」「冷たい」「自分に興味がない」という印象を持たれてしまうから、適度に使うことをオススメする。メールは面と向かっての会話と違い、感情か気持ちが伝わりにくいから文字だけだとどうしても印象が悪くなりやすい・・・

 

普段から絵文字や顔文字を使わない人は、使うのに抵抗があるのかもしれないけど、女性とやり取りするなら適度に使っていかないと出会いに繋げられないからまずは「!」からでもいいから使い慣れていこう。

 

でも逆に多用すると「チャラい」「軽い」と言う印象になってしまうから、メール1通に対して2〜3個くらいにするのがベスト!

 

 

返信のタイミングに要注意!

あなたは女性からメールが来たらどれくらいのタイミングで返信をしているかな?

 

・返信が来たらすぐに返信をする人
・返信にかかった時間と同じ時間をかけて返信をする人

 

といった感じで、返信している人がいると思うけど、どちらの方がいいかと言えば、返信にかかった時間と同じ時間をかけて返信した方がいいと思う。

 

スマホ困る女性

 

何故かと言うと、女性から返信が来て毎回すぐに返信していると、女性も早く返信しないといけないというプレッシャーを感じてしまうから!

 

プレッシャーがあるままやり取りをしても楽しくやり取り出来ないし、毎回返信が早いと返信する気が失せてしまう可能性があるから、返信にかかった時間と同じ時間をかけて返信した方が女性もプレッシャーに感じないでやり取りをすることができるから、タイミングに気をつけてやり取りしていったほうがいい。

 

でも毎回同じ時間をかけると、「返信が来ない」と感じる女性も中にはいるので、たまにはすぐに返信してみるなど変えてみてもいいと思う。
男からしたら面倒だとは思うが、返信のタイミングをその時その時で変化させていくと効果的だから試してみよう。

 

 

まとめ

以上を見てわかったと思うが、出会いに繋げていくためにはセカンドメール以降もすごく重要になる。

 

ファーストメールの返信が来たからと言って安心して手を抜いて返信なんかしていると女性を不快にさせて返信が途絶える可能性があるから、真剣に出会いを求めているならしっかり内容を考えて返信していく必要がある。

 

セカンドメール以降のメールの書き方を紹介しておいたから、メールの書き方と返信のタイミングを間違わなければ出会いに繋げやすくなるから、参考にしてやり取りをしていくといいだろう。

 

ポイントを無駄にせずいい出会いを求めるためにも、是非参考にしてやり取りをしていこう。

このページの先頭へ