MENU

年上女性へ俺が実践したアプローチ法教える

年上好きな男は多く、マッチングサイト内でも年上女性狙いの男達が多いと思うが、どうアプローチすれば上手く出会いに繋げられるのかわからないと悩んでいる人が多い。

 

何も考えずに行動してしまうと子供だと思われて出会いに繋げるのが難しくなるが、アプローチ方法を知っておけば、出会いに繋げることが出来る。

 

しっかり出会いに繋げるために、女性へのアプローチ方法を下記にまとめていく。

 

年上女性

 

年上女性の年下男へのイメージとは?

まずは、年上女性が年下男へどのようなイメージを持っているのか知っておいた方がいい。
プラスイメージもあれば、マイナスイメージもあるので、両方見て行こう。

 

■マイナスイメージ
・頼りにならなそう
・甘えさせなきゃいけない
・話が合わなそう

 

このようなイメージを持たれているため、この部分が見えてしまうと恋愛対象になるのは難しいかもしれない。

 

■プラスイメージ
・自分好みの男に育てられそう
・初々しくて可愛い
・初めての体験が出来るかも!

 

プラスイメージを見てもわかる通り、自分好みの男に育てたり、今まで体験したことがないことが体験できるかもと言うような期待があるため、アピール方法を間違わなければ出会いに繋げるが可能になる。

 

 

俺のおすすめ!年上女性へのアプローチ方法

年下女性や同年代女性へのアプローチ方法と年上女性へのアプローチは同じと言う訳じゃないから、年上女性へのアプローチ方法をあらかじめ知り、正しくアプローチしていくことが大切だから、紹介していく。

告白

 

・話が合うと思わせる
・レディーファーストにして出来る男をアピール
・ギャップを見せる
・意志が強い所を見せる
・アプローチ時は敬語なし!
・年下ならではの可愛さを見せる
・包容力があると思わせる
・知ったかぶりはしない
・気取らず、無邪気さを見せる
・一人の女性として扱う(年上扱いしない)

 

■話が合うと思わせる
年上女性が気にしていることの1つが「話が合わないかも」ということ。

 

なので、年上女性を狙うのであれば、相手の年齢に合わせて流行りのものを把握しておくと、女性がジェネレーションギャップを感じづらく「話が合うかも」と持ってくれるので効果的!
ジェネレーションギャップを感じると恋愛対象にならない可能性があるので、あらかじめ把握しておくと役立つので試してみよう。

 

 

■レディーファーストにして出来る男をアピール
年上女性が男を見る時に、レディーファーストが出来ているか、出来ていないかもチェックしているから、レディーファーストが出来ていないと恋愛対象から外れてしまう可能性が高いので注意しよう。

 

例えば
・お店に入る時にドアを開けて女性を先に入らせてあげる
・歩道を歩く時は自分が車道側を歩く
・段差がある時は「段差があるから気をつけてね」と一言声をかけてあげる

 

など些細なことが出来ていると年上女性からのポイントが高くなるので、是非やった方がいい。

 

■ギャップを見せる
年上女性にアプローチする時は、年下の可愛さと男らしさのギャップを見せること!

 

年下だけど男らしいと思ってもらうことが出来れば出会いに繋がりやすくなるから、ギャップを見せよう。
でも背伸びしたり、無理をすると失敗してしまうから、無理なく出来ることだけしてギャップ萌えを狙おう。

 

奢る

 

■意志が強い所を見せる
女性は自分より若い人に対して、意志が弱くてブレやすいと考えている。

 

なので、自分の意志をしっかり持って、周りに流されないと芯の強さを見せることが出来ると、「あれ?年下なのにしっかり意思がある」と感じることができ、男らしいと感じてもらえる可能性が高い。
逆を言えば自分の意志を持っていないで周りに流されてばかりいると頼りないと思われてしまうから注意しよう。

 

 

■アプローチ時は敬語なし!
礼儀としては年上の人には必ず敬語を使うのが当然だと思うが、アプローチをする時は状況が少し違う。

 

年上女性は年下の男に対して、「私なんて相手にしてくれる訳が無い」と年齢を気にしているから、そこで敬語を使ってしまうと、恋愛対象に考えづらくなるみたいだから、アプローチする時だけは、敬語を使わない方がいいと思う。

 

 

■年下ならではの可愛さを見せる
年下の男には、年下ならではの可愛さがある!
それは同年代にも年上の男にも絶対にまねできない物だからこそそれを武器にしてアプローチしていくと効果的。

 

例えば
・少し甘えてみる
・無邪気さを出す

 

このような行動を上手く活用することで、年上女性の母性本能をくすぐることが出来るから、試してみよう。

 

そして年齢は上だけど、年齢を感じさせてしまうと上手くいきづらいから1人の女性として扱うようにするとよりいい。年下にしか出来ないことを武器にドンドン活用していくことをオススメする。

 

 

■包容力があると思わせる
年齢関係なく、女性は男に対して包容力を求めている傾向にあるため、包容力が無いと思われると恋愛対象から外れてしまう可能性が高いから要注意!

 

手を取る

 

また女性の感情は男に比べると浮き沈みが激しく、時には感情を上手くコントロール出来ない時もあるので、その時はめんどくさいと思わないで優しく接してあげると、女性は一緒にいいて心地よく感じる。

 

これが年下男が出来ていると女性は「年下なのにしっかりしている」と魅力に感じて、恋愛に発展していきやすくなるので、気になる女性にはどんな時でも優しく接することを忘れないようにしよう。

 

■知ったかぶりはしない
本当のことを知らないのに知ったかぶりで話をする男は必ず嫌われるから絶対にやめよう。

 

女性は色々な男たちから「女って○○だよね〜」と言われていることが多く、もう聞き飽きてるし、そういった言われ方をするのをすごく嫌がる。
それなのに「女ってさ〜」と年下の男に言われたら余計に「お前は女の何を知ってるんだ!」と思ってしまう。
そう思われると、そこから恋愛対象になるのは難しくなってしまうから、「女のことならなんでも知っている」といった態度で話をしないように注意しよう。

 

知ったかぶりをするよりは、知らないフリをして接していた方が印象がいい。

 

 

■気取らず、無邪気さを見せる
男はどうしても気取ってしまう傾向にあるが、年下なのであれば無邪気さを見せた方が年上女性の母性本能をくすぐることが出来て効果的!

 

年上だから「大人っぽくしないと」と思い、高級レストランに誘ったりなど背伸びして気取ってしまうよりも、いつもは普通だけど、時々見せる無邪気さに心が動かされてしまう。
無理に背伸びするよりも自分の素を見せていった方がよっぽど女性がキュンとするものだから、気取らなくて大丈夫!

 

それに年下の男の無邪気な姿を見た女性は、「自分に心を開いてくれている」と感じて、女性も同じように心を開いてくれるようになるから、無邪気さを武器にしてアピールしていこう。

 

 

■一人の女性として扱う(年上扱いしない)
女性はいくつになっても1人の女性として扱ってほしいと思っているし、いくつになっても乙女な部分が見え隠れしている。

 

それなのに、「年上だから甘えさせてくれる」「わがまま言っても炊いては許してくれる」など、「年上だから○○」という考えでいると年上女性とは上手くいかない。

 

カフェトーク

 

それは勝手な想像であり、年上の女性だって男に甘えたいし、頼りたいと思っている。
だからこのような考えが女性に伝わってしまうとうんざりされてるので、気をつけた方がいい。

 

年上の女性として扱うのではなく、同年代や年下女性と同じように1人の女性として扱ってあげると、年上女性も嬉しく感じて発展しやすくなるので試してみよう。

 

まとめ

以上が年上女性へのアプローチ方法なので、マッチングサイトで年上女性を狙う場合は是非活用してみてほしいと思う。

 

年上女性は年上男に対して
・子供っぽい
・本気で相手にしてくれている訳がない
・話が合わない
などと感じているから、それを感じさせないように意識しながら行動していかないと年上女性を落とすのは難しいので、自分の行動を考えながら行動していった方がいいと思う。

 

それらを理解した上でアプローチしていけば年上女性を落とすことが出来るから、ドンドン実践していい出会いに繋げていってほしいと思う。

このページの先頭へ